無風時のライズアップ

最近Nucleon XXの無風時のライズアップの問い合わせが増えましたので、
お答えいたします。


Reportair Univesal も同じやり方で、ライズアップできます。
Snake XX Hadron XXも同じですが、こちらはクイックにキャノピーが上がるの
で逆にキャノピーの止め方の練習が必要になります。


Nucleon XX Reportair Univesal は新しいリーディングエッジ技術で、
無風の状態でもエアインテークとリーディングエッジ最初から膨らんでいます。
つまり地上にキャノピーを広げて離陸準備をしている時も、
飛行中と同じように膨らんでいます。
昔のパラグライダーは地上に置いた時はペタッとしていました。

その違いは。
昔のパラはライズアップのために走り始めた数歩は、
Aライザーを持った手を後ろに伸ばしていました。
これは助走で空気が入るのを待っていたのです。
その後、
空気が入ったキャノピーはリーディングエッジが完成して滑空を開始します。
そしてAライザーを持った手を引きます、
こうする事で滑空速度が速くなり頭上に上がりやすくなったのです。


さて、Nucleon XX Reportair Univesal は先ほど言ったように、
無風でもリーディングエッジが地上に置いた状態でも完成しています。
つまり加速すればすぐに滑空状態になり、頭上に上がってきます。
簡単に言えば、何も調整しないで加速だけすれば良いのです。

キャノピーに空気が入るのを待っていた数歩の助走は、
必要なくなってしまったのです。

Aライザーを持った手は後ろに伸ばさず、
最初から頭上に上がった状態に近い位置に手を固定して走れば、
キャノピーは滑空を開始して上がってきます。


Nucleon XX Reportair Univesal の弱点は内部にプラスチックロッドを多様し
ているので、
前縁の重量が増していることです、
そのため
ライズアップ時の助走速度が遅いとキャノピーが滑空を開始しない事です。
昔のグライダーの軽いリーディングエッジのようなゆっくりの助走では
上がらないのです。


しっかり走って確実な離陸速度を確保しましょう。
シャークノーズとロッドシステムによる美しいリーディングエッジは
低速飛行から高速飛行まで安定した翼として機能します。

これらのテクニックはリーディングエッジにロッドを採用している機種に
共通に使えます。


不明な点がありましたら連絡をしてください。

五十嵐亮弥
フライトシステム
tel. 090 4552 8003



トップへ
戻る